九州八十八ヶ所百八霊場会
戻る
第78番
入唐山 開元寺 (にっとうざん・かいげんじ)
  真言宗智山派
本 尊 弘法大師座像
住 所 〒859-5102 長崎県平戸市大久保町田ノ浦
TEL 0950-22-2469(最教寺)
FAX  

 ■ お寺の紹介
 弘法大師空海は、密教の奥義を学ぶため、唐(中国)に渡ることを目指した。そして、延暦二十三年(804)三十一歳の時、留学生として第十六回遣唐使船で難波を出航。その時の大使は藤原葛野麻呂。伝教大師最澄や義心、橘逸勢なども、同じく入唐して いる。瀬戸内の各所に立ち寄りながら九州に至り、最後に日本を離れたのが、田ノ浦である。寺号の由来は、嵐など苦労の末、弘法大師が十二月の終わりに唐に上陸後、一ヵ月の間とどまった福州の寺院が開元寺で、近年にその寺号を称したものである。入唐山開元寺 というが、お寺であるわけではなく、顕彰碑と法要殿があり、顕彰碑には『弘法大師唐渡解纜之地』と刻まれている。石碑には、石造の厨子のなかに、弘法大師の石仏が安置されている。また、法要殿においては五月に『田ノ浦法要』が勤修される。弘法大師の時代と同じ風景を見、大師の心の内を垣間見ることのできる霊場である。
 ■ 行 事
  年中行事
一月             七月
二月             八月
三月             九月
四月             十月
五月 田ノ浦法要    十一月
六月            十二月
 ■ 交通アクセス
 ・平戸バスターミナルから西肥バス田ノ浦行、田ノ浦別道下車
  徒歩30分
 ・車の場合、平戸市内から田ノ浦方面へ北上、弘法大師解纜の
  地の道標にしたがう。
 ・境内に駐車場あり。
 
戻る