九州八十八ヶ所百八霊場会
戻る
第60番
成田山 龍王院 (なりたさん・りゅうおういん)
  真言宗智山派
本 尊 不動明王座像
住 所 〒849-0124 佐賀県三養基郡上峰町堤1903
TEL 0952-52-2083
FAX 0952-52-2092

 ■ お寺の紹介
 佐賀成田山のご本尊《不動明王》は、嵯峨天皇の勅命により弘法大師が、みずから敬刻して開眼し護摩法を修せられました尊像のご分霊です。天慶(てんきょう)二年(939)関東の地に「平将門(たいらのまさかど)の乱」が起り人心は退廃し、世相は混沌として、そのよりどころを失なう時、朱雀(すざく)天皇の密勅を受けた寛朝(かんちょう)大僧正は、ご本尊不動明王とともに東国に下り、下総国(しもおさのくに)公津ヶ原(現 千葉県成田市 )に尊像を安置し「国家安穏将門降伏(あんのんまさかどこうふく)」の護摩秘法を修めました。
その満願の日、天慶3年2月14日叛乱は平定され、以来現成田市に鎮座して一千五十有余年、本尊不動明王の霊徳は十方に光被(こうひ)し現在に至っております。当佐賀成田山は、昭和40年に熱誠信徒の懇請(こんせい)によりご本尊ご分霊を佐賀県上峰の地に奉安、寺号 龍王院を賜って以来、現在に至り本尊不動明王の霊徳は、いよいよ高くその偉容を誇って、佐賀県の成田山霊場としている次第であります。
 ■ 成田山伝統のお守り「身代り守り」
天保元年、成田山仁王門が建立された時、当時の大工辰五郎が上層の足場より墜落し即死と思われたが、腰につけていた成田山の小さな板守りが二つに割れたことにより守られたとされ、素朴な信仰をあつめている。成田山の伝統のお守りです。
 ■ 交通アクセス
 ・JR鹿児島本線鳥栖駅から西鉄バス東目達原行、佐賀成田山前下車
 ・4番不動院からは、国道34号線を佐賀方面へ。
  長崎自動車道東脊振インターからは南下し、三田川町田手交差点を左折する。
 ・境内に駐車場あり
 
戻る