九州八十八ヶ所百八霊場会
戻る
第7番
普賢山 興徳院 (ふげんざん・こうとくいん)
  真言宗大覚寺派
本 尊 十一面観世音菩薩立像
住 所 〒838-0067 福岡県朝倉市牛木52
TEL 0946-22-4421
FAX 0946-22-4444

 ■ お寺の紹介
 普賢山興徳院は昭和4年に妙善尼が甘木の中心部に創建。当時、病人や貧しい人を救おうと、弘法大師を本尊として加持祈祷をしていた。昭和40年に現在地に移転し十一面観音を本尊とした。さらに、昭和56年に弘祐尼によって本堂が建立され、妙香尼が跡を継いでいる。このように創建から三代続いて尼僧によって護持されてきたお寺である。今日では加持祈祷と先祖供養(施餓鬼供養)を主体に活動をおこなっている。
 本堂は民家風で、気軽にお参り出来るようにとの願いが込められている。境内を出ると、目の前には小石原川がゆったりと流れ、時間が止まったような、穏やかな光景が広がっている。
 ■ 行 事
年中行事
 節分大祭
 旧初午祭
 四国八十八ヶ所お砂踏み大祭
 施餓鬼大祭

月例行事
 護摩供(毎月21日)
 先祖供養(毎月7〜8回)
 ■ 交通アクセス
 ・西鉄甘木線甘木駅下車、徒歩10分
 ・甘木鉄道(レールバス基山〜甘木線)甘木駅下車、徒歩10分
 ・車の場合、国道386号線甘木橋信号を小石原川沿いに下り、3分
 ・境内入り口に駐車場あり
 
戻る